高感度でアップグレード可能な生体分子特性評価システム

Octet R4®システムは、生物製剤の開発を低コストで柔軟なものにします。

4チャンネルのOctet® R4装置は、カイネティック解析、IgGやその他のタンパク質の力価測定、試薬の適格性評価、イムノアッセイ開発、バイオプロセス開発、品質分析、粗抗体スクリーニング、エピトープビニング/マッピング、リガンド結合アッセイ、低分子解析、細胞シグナル伝達メカニズムの解明、感染症モニタリングなど、幅広い分析に使用できます。1チャンネルから最大4チャンネルすべてを使用した解析が可能で、サンプルのスループットに柔軟に対応できます。

Octet® R4システムは、スループットとコストのバランスを重視するお客様向けの価格設定となっています。このシステムは、2チャンネルのOctet® R2装置よりも高いスループットと、8チャンネルのOctet® R8装置と同等の感度を、全体的に低い価格で提供します。 お問い合わせいただければ、お客様のラボや研究のニーズに最適なスループットレベルを決定するお手伝いをさせていただきます。

Octet® R4 タンパク質解析システムの利点

迅速な結果

Octet R4 システムはパラレルで独立した4つのチャンネルを持ち、柔軟性と迅速な結果が得られます。

高感度、適度なスループット、低コスト

Octet R4システムは、アッセイ感度に妥協することなく、適度なスループットのサンプル分析をお探しのお客様用に設計されています。

アッセイ時間とメンテナンスコストの削減

Octetプラットフォームは、流路不要のDip and Read測定法より、他のテクノロジーと比較して、結果が出るまでの時間を短縮し、プロセスの経済性を高めます。さらに、クルードなサンプルにも対応しているためサンプル調製が不要で、貴重な時間を節約でき、非破壊検査により貴重なサンプルを他のアッセイに活用することができます。

一回の訪問でフィールドアップグレード可能

より高いスループットと完全なGMP準拠のために、8チャンネルのOctetシステムにアップグレードする時期を選択します。アップグレードは、トレーニングを受けたザルトリウスのエンジニアが1回の訪問でオンサイトで行いますので、ダウンタイムやシステムの下取りなどの面倒はありません。

温度感受性タンパク質のためのサンプルプレート冷却機能

サンプルプレートの温度を15~40℃の範囲で制御できるため、温度感受性タンパク質の異なる温度での信頼性の高いカイネティクス解析が可能です。また、サンプル冷却には、熱力学的測定値を外挿するために多様な温度で結合速度定数を迅速に決定する利点もあります。Octet R4システムの2つのチャンネルは、スクリーニングを目的としたサンプルの測定に単独で使用することも、高品位なカイネティック特性評価のために、複数用いることで高品位のカイネティクス評価のためにリファレンスとサンプルの読み取りを同時に行うこともできます。

見積もりを依頼する

アプリケーション

カイネティックとアフィニティの特性評価

Octet R4システムは、マイクロ流路を必要とせず、検出面を直接サンプルに近づけることで、結合イベントをリアルタイムにモニターし、結合のオンレート(ka)、解離のオフレート(kd)、親和性定数(KD)を算出します。また、サンプルプレートの温度を15~40℃の範囲で制御できるため、温度感受性タンパク質の異なる温度での信頼性の高いカイネティクス評価が可能です。また、サンプル冷却には、熱力学的測定値を外挿するために多様な温度で結合速度定数を迅速に決定する利点もあります。

バイオプロセスにおけるタンパク質の定量

抗体やその他のタンパク質の濃度を正確に測定することは、開発のための細胞株の選択や、抗体生産の最適化にとって決定的に重要です。Octet R4システムは、複雑なマトリックスからの干渉を最小限に抑えながら、溶液中の特定のタンパク質やその他の分子の存在を直接測定します。正確かつ再現性のある濃度を、シンプルなワンステップアッセイを用いて、1サンプルあたりわずか2分で測定することができます。結果のターンアラウンドタイムが短いことで、HPLCやELISAなどの他の方法では得られないプロセス効率や生産性を向上させることができます。

専門家に問い合わせる

注目の資料

Octet R Series System brochure cover

カタログ: Octet® R Series Systems

アップグレード可能なラベルフリー生体分子解析プラットフォームでリサーチを加速します。

カタログをダウンロードする
Biomolecular Binding Kinetics Assays on the Octet® Platform thumbnail

Biomolecular Binding Kinetics Assays on the Octet® Platform

治療法の開発とライフサイエンス研究におけるラベルフリープラットフォームとその技術、機能、そしてラベルフリー結合評価の利点を紹介します。

アプリケーションノートを読む

Writing Grant Proposals for Biomolecular Interactions Research

助成金の申請には苦労がつきものです。資金が必要な理由や方法がわかっていても、それをうまく伝えるのは至難の業とも言えます。このホワイトペーパーでは、機器の助成金申請を成功させたお客様から長年にわたって収集したヒントをご紹介しています。ダウンロードしてください。

ホワイトペーパーを読む
検出技術

バイオレイヤー干渉法(BLI)

バイオセンサータイプ

バイオセンサートレイでの再生および/またはリラックによる再利用が可能な、使い捨てのシングルユース光ファイバーバイオセンサー

データ表示

リアルタイムカイネティックス結合のセンサーグラム、フィットした結果のプロット、フィットの残差を表示するグラフ
検量線や表形式の濃度データの出力を含む濃度データの解析
表形式のカイネティックデータ
エピトープビニング、クロスブロッキングマトリックス、トレースオーバーレイ
サンプルタイプ

血清、DMSOを含むバッファー、ペリプラズム画分、未処理の細胞培養上清、粗製細胞溶解液などのさまざまな媒体中のタンパク質、抗体、ペプチド、DNA、RNA、リポソーム、ウイルス、ウイルス様粒子

分光器数

4

最大同時測定数

4

サンプリングレート

2 Hz, 5 Hz, 10 Hz

サンプルプレート・フォーマット

標準 96ウェル、ブラック平底マイクロプレート 1枚

サンプル容量

180–220 µL/well
※非破壊、再利用可能

シェーキング速度

固定 または 100–1500 rpm

測定温度範囲

15°C ~ 40°C,  1°C 刻み

カイネティクス解析

スループット

同時に 4 アッセイまで

検出分子量

>150 Da

解析時間

リアルタイムカイネティック結合実験:5分~4時間

結合速度定数 (ka)101 ~ 107 M-1 s-1
解離速度定数 (kd)10-6 ~ 0.1 s-1
アフィニティ定数 (KD)

1 mM ~ 10 pM

ベースラインノイズ (RMS)

<3.0 pm

ベースラインドリフト

≤ 0.12 nm/hour

定量精度

CV <10%

本体仕様

重量

32.7 Kg

寸法 (高さ x 幅 x 奥行)

49 cm x 56 cm x 46 cm

関連製品

2チャンネルシステム: Octet® R2

生体分子の特性評価のニーズに合わせてアップデート可能

詳細を見る

8チャンネルシステム: Octet® R8

タンパク質解析における比類のない柔軟性と汎用性

詳細を見る
Octet HTX

96チャンネル高感度スーパーハイスループットOctet システム:Octet HTX

最大96個のバイオセンサーを同時に監視し、比類のない速度でタンパク質の定量とカイネティクス特性評価のためのラベルフリー検出を可能にします

詳細を見る
BLItz System

Personal Assay BLItz System

わずか一滴のサンプルでラベルフリーアッセイ

詳細を見る
Octet Sidekick

Sidekick™ Offline Biosensor Immobilization Station

Sidekickステーションは、バイオセンサートレイ内の96個のバイオセンサーすべてに、均一に試薬を同時投入することができます。

詳細を見る

詳細な情報を請求する

関連コンテンツ

icon-octet-data-analysis-ht

ラベルフリー検出のためのアプリケーション

詳細を見る
icon-instrument-service

Octetシステムのサービス・サポート

詳細を見る
icon-supplement

Octetシステムの資料

詳細を見る