Cell Line Development: Accelerating Process Optimization by Combining Ambr® 15 Cell Culture with Octet® Titer Measurements

細胞株開発(CLD)では、何千ものクローンをスクリーニングし、安定で、高収率のバイオ製品を生産し、望ましい重要品質特性(CQA)を有するクローンを見つけることが必要です。スクリーニングとプロセスの最適化は、バイオリアクターによる小規模な培養で行われ、その結果がダウンストリームのプロセスに反映されることを確認するのが通常です。性能データは主に、細胞増殖、細胞生存率、代謝物分析、製品力価に基づいており、培養プロセス期間全体にわたって評価されます。

このアプリケーションノートでは、Vi-CELL XRとAmbr® 解析モジュールを搭載したAmbr® 15細胞培養システムをOctet® BLIプラットフォームと組み合わせて使用することで、培地スクリーニングとプロセス最適化実験における最適な収率条件を特定する方法について説明しています。

よくある質問:

細胞株開発は何故重要なのでしょうか?

  • CLDは、医薬品開発の臨床試験段階において、非常に貴重なプロセスとなり得ます。この段階で組換えタンパク質の収率が高いということは、時間、労力、コストの削減を意味します。

どのようなアプリケーションで細胞株開発が必要とされていますか?

  • 信頼性の高い細胞株開発は、バイオ医薬品の生産、遺伝子研究(遺伝子機能)、薬剤スクリーニング、体外試験など、さまざまなアプリケーションで実用化されている事業です。


詳細な情報、デモ、見積もりを依頼する

他にどんな分野にご興味がありますか?(該当するものをすべて選択してください)

フォームに記入してアプリケーションノートをダウンロードしてください