防爆

塗料ミキシングルームでの防爆
作業場所の安全性について妥協はありません

現在、安全な作業環境は当たり前のことだと見なされています。しかしながら、誤った取り扱いや不適切な機器の誤使用によって、補修用塗装業者で起こる爆発を原因とする事故が、何度も繰り返されています。


危険物を取り扱う場合、工業設備や業者は、安全性についてとりわけ高い要件を満たしていなければなりません。爆発する恐れのある気体が存在する区域においては、作業場所の安全性についての国際的な規格や規制が定められており、これらは自動車の車体補修工場、特に補修業の塗料ミキシング室にも当てはまります。  


こうした場所にある塗料、溶剤、酸素、電気機器の組み合わせは、いつでも爆発する危険のある、強力な引火源になる可能性があります。常に目に見えてわかることではありませんが、この危険はずっと存在しているもので、軽視してはなりません。

                   

従業員の安全を確保し、業者を護ることは最優先事項であり、安全な機器と工具を責任を持って選ぶことがまさにこのスタートラインです。

こうした場所にある塗料、溶剤、酸素、電気機器の組み合わせは、いつでも爆発する危険のある、強力な引火源になる可能性があります。常に目に見えてわかることではありませんが、この危険はずっと存在しているもので、軽視してはなりません。


従業員の安全を確保し、業者を護ることは最優先事項であり、安全な機器と工具を責任を持って選ぶことがまさにこのスタートラインです。

詳細情報を請求する

他にどんな分野にご興味がありますか?(該当するものをすべて選択してください)

ザルトリウスを探索する

icon-building

ザルトリウスについて

詳細を見る
icon-application-center

アプリケーション

詳細を見る