Job Story

Carsten Siebert氏/VW販売代理店

「VW Autohaus Südhannover社」(ドイツ、ゲッティンゲン)

2017年1月5日

Carsten Siebert氏は、マイスターの資格を持つ補修用塗装のエキスパートで、ドイツのゲッティンゲンにあるフォルクスワーゲン Autohaus Südhannover社の補修用塗装工場で7名の従業員を率いています。この塗装工場では、平均して1日あたり12台の車両の塗装を行います。
Siebert氏の補修用塗装チームはこれまで、ザルトリウスの塗料ミキシング用天びんPMA.Qualityを使用していました。そこで当社は、後継モデルである新しいPMA.Evolutionを厳しい環境で使い、その力を試していただけないかと依頼しました。以下は、塗装工場で半年にわたって天びんを使ったあと、塗装チームから実際に寄せられたコメントです。

Carsten Siebert氏:
「私たちが実際に目を見張ったのは、新しいディスプレイです。 塗装業者で天びんを使う場合は大部分の人が、塗料の成分を注ぎながらディスプレイを見るので、PMA.Evolutionのディスプレイが持つこの特長は、ある程度の年齢になって視力が衰えがちになったときには特に、本当に目にやさしいものです。
 


PMA.Qualityを使っていたので、ひょう量皿とディスプレイ用の稼働時用カバーにはすでになじみがありましたが、ザルトリウス社は今回、支柱の上部に付ける稼働時用カバーも用意してくれました。しかも、新しい天びんの標準装備として、稼働時用カバー一式が提供されます。ガラス製ディスプレイがときどき少し汚れたとしても、布に溶剤を付けて簡単に拭き取れます。ガラス製ディスプレイがときどき少し汚れたとしても、布に溶剤を付けて簡単に拭き取れます。本当にすばらしい、清潔な製品です。


また、チームの全員が、薄くなったひょう量皿のデザインに注目しました。差はわずか2 cmほどですが、このように薄くなったことで、特に比較的大きな容器に塗料が入っている場合は、容器を持ち上げるときに必要な力が減るので、塗料の成分の注入が確実に楽になります。


使っているコンピューターにUSBケーブルをたった1本差し込むだけで、ミキシングデータベースソフトウェアとデータをやり取りできるうえ、天びんへの電力供給も同時に行われます。使っているコンピューターにUSBケーブルをたった1本差し込むだけで、ミキシングデータベースソフトウェアとデータをやり取りできるうえ、天びんへの電力供給も同時に行われます。その上、他の機器を接続してミキシング室で使うことができる追加の差し込み口もあります。
全体として、私たちはPMA.Evolutionにとても満足しており、今後、他の塗料ミキシング用天びんはすべて、この新しい水準を目指さなければならないだろうと感じています。」

ザルトリウスを探索する

icon-building

ザルトリウスについて

詳細を見る
icon-application-center

アプリケーション

詳細を見る
icon-trainings

研修

Worldwide Life Science and Biopharma training courses. Learn about filtration, purification, fermentation, pipetting, weighing, and many more topics....

詳細を見る