アプリケーションのハイライ:Cubis® IIによるDIN規格に準拠したピペットのチェック

DIN EN ISO 8655-2規格は、ピストン式ピペットなどの液体体積計を、定期的なインターバルを設けて少なくとも年に1回は確認しなければならないとしています。使用頻度、使用者数、ピペット操作された液体の攻撃的な性質、使用者が設定した最大許容誤差に応じて、使用者はより短いインターバルを指定可能です。結果として、DIN EN ISO 8655規格に準拠して作業しなければならないすべてのラボでは、定期的なチェックが必須となります。

Cubis ® IIの詳細を見る

フォームに記入してコピーをダウンロードする。

お問合せの目的