モノクローナル抗体分子の開発 - リード抗体の可視化

mAbリード抗体の最適化

初期の薬剤候補の選択を進める前に、より深く、より意味のある洞察と、その特性に関する情報豊富なデータが必要です。候補からの以下のデータが必要です。

  • 最小限の免疫原性プロファイル
  • ターゲット特異性、選択性、最適なエフェクター機能

ザルトリウスの表現型や機能性アッセイを使用して、mAb候補の特性評価をします。

新しいインフォグラフィック

ウェビナー

モノクローナル抗体発見のワークフローを加速する

Intellicyt® iQue Screener PLUS

機能プロフィール

iQue Screener PLUSを使用して、抗体工学/突然変異/ヒト化スクリーニングにおける機能解析のためのマルチプレックスアッセイを実行します。

細胞表面のネイティブコンフォメーションで標的タンパク質を検出することで、試験管内での挙動をより正確に把握することができます。

エピトープマッピング:何百ものクローンのエピトープ領域を高感度かつ高速で検出して可視化し、セルヘルスと細胞生存率に関する追加情報でデータを検証します。これをすべて1つのアッセイで行います。

詳細を見る

Incucyte® 生細胞解析システム

リード候補について研究を進めましょう!

免疫細胞と癌細胞の間のダイナミックな相互作用をインキュベータ内で直接、リアルタイムで自動測定することで、複雑な細胞モデルに関する、詳細で、多重化された、機能的で、形態学的な洞察を得ることができます。

詳細を見る

Read the article: Investigating new cancer therapy candidates with live-cell imaging

Sartoclear® Dynamics Lab P15とLab V

Sartoclear® Dynamicsは抗体リード候補のさらなる解析を可能にする、シンプルで小規模な哺乳類細胞回収ワークフローであり、これを用いることで、ターゲット分子の入った清澄化された上清を迅速かつ容易に調製します。

高密度の哺乳類細胞培養物を迅速かつ簡便に清澄化することは、しばしば困難なことです。ザルトリウスのソリューションでは、ワンステップの清澄化と無菌ろ過プロトコルを提供し、従来の遠心分離よりも70%高速で、目詰まりもありません。

詳細を見る

BioOutsource検査サービス

生化学的分析および構造的分析

治療用モノクローナル抗体の開発において、固有の構造的不均一性の特徴を明らかにすることは必須の要件です。高分子量種、低分子量種、電荷バリアント、翻訳後修飾、生体内での安定性、生物学的活性の低下、望ましくない免疫効果をもたらす可能性があります。
 
経験豊富なザルトリウスの化学者チームが、抗体治療薬の開発の適切な段階でタンパク質の構造解析と物理化学的解析を確実に行うことで、これらのリスク管理を確実にするために必要なサポートとアドバイスを提供することができます。 

生物学的解析

様々な細胞ベースの結合および力価アッセイを用いて、生物学的分子の結合および機能活性の特性評価をします。12種類以上のバイオシミラーターゲット分子を対象とした包括的なアッセイが市販されており、バイオシミラーの開発を進めることができます。

詳細を見る

NEW: 新しいヒト疲弊T細胞とサイトカインプロファイリングキットで、T疲弊細胞のバイオロジーをさらに深く掘り下げる

詳細を見る

資料

Application Note: Minimizing Syringe Filter Usage in harvesting Monoclonal Antibodies from CHO Cell Culture Supernatants

PDF | 204.5 KB

Appl_Vivaflow200_Antibody_Concentration_for_Protein_A_Column_SL-4080-e.pdf

PDF | 680.9 KB

Application Note: Concentration of Mammalian Cell Culture Supernatants with Vivaspin® Turbo 15 and Amicon® Ultra-15 Devices

PDF | 138.5 KB