解析:生細胞イメージングと画像の定量化

手動の画像解析を基に科学的な問題の答えを導き出すのは複雑で分かりにくいものです。世の中には科学的な問題に答えるための画像解析に役立てられるツールが多数あります。少なくとも、データセットに統計解析を一律に適用できる段階に到達するには、複数の工程で生データを処理しなければなりません。

有意義な画像データに基づいて生物学的な問題に答えを出せるように、アーチファクトを削除し、画像を分割し関連する生物学的特性を系統的に解析し、真の生体シグナルを確実に再現するソフトウェアを提供します。

以下の項目をご覧いただけます:

画像処理:システムを原因とするアーチファクトの除去

光子を電子信号に変換する検出器によって画像が取得されます。次にこれらのアナログ電子信号をアレイ(配列)として表示するデジタル測定値に変換します。しかし、これらの電気信号は、対象とするサンプルから生じた光子のみならず、自己蛍光やシステムの光学収差などの交絡源にも由来します。サンプルから生じた真の信号を明らかにするには、各交絡源を補正する必要があります。

真の生体シグナルを正確に表示するためには、生画像に対して補正操作を正確な系列で行わなければなりません。これらの補正を実施する統合ソフトウェアソリューションでは、(1)客観的な指標となるように、かつ(2)画像解析工程を高速化できるようにデータを作成します。

ソフトウェアによる関連する生物学的特性の識別

十分に画像処理した後の次の段階は対象とする生物学的特性を識別することで、これは適切な画像マスキングによって行われます。画像をマスキングする最も簡単な方法は「閾値処理」と呼ばれるもので、特定の閾値より上の値ではピクセルを解析し、下の値ではピクセルを無視します。より複雑な相互作用も、ブール論理(AND、OR、NOTなど)で制御される複数のマスクを用いて対象とするピクセルを正確に絞り込むことで解析できます。しかし、これらの解析は時間がかかるとともに主観的なものです。特定の科学的問題に関するデータの評価に必要なツールのみを有する専用ソフトウェアでは、より高速かつ客観的に画像解析ができます。

画像から真のシグナルを分離し科学的な問題に答えられる技術:

IncuCyte生細胞解析システム

詳細を見る

アプリケーションノート

細胞培養品質管理アッセイ

アプリケーションノート:「細胞培養品質管理アッセイ」で、IncuCyteを用いて日常的な細胞培養を記録・モニターし、細胞を用いるアッセイの品質と一貫性を向上させる方法についてご覧ください。

今すぐダウンロード

Request More Information

他に興味のある製品があればご教示ください。 (複数選択可)

お問合せの目的