アクティブかつ正確なエアモニタリング:限界を知る

空気中の微生物の絶え間ない存在と繁殖により、プロセスにおける生物汚染を制御するための正式なシステムを確立、実施、維持することが不可欠となっています。信頼性の高い結果を提供しながら、テスト領域への悪影響を排除する、信頼性と妥当性の高いエアモニタリング方法を採用することが重要です。

ろ過か吸引か、その選択

テスト領域への悪影響を排除する検証可能な方法を使用して、空気中の微生物やウイルスを正確に検出します。ゼラチンメンブレンろ過と衝突技術のどちらをお選びいただいても構いません。ザルトリウスのメリットは以下の通りです:

  • 固定式およびポータブルサンプリングシステム
  • ゼラチンの溶解度に基づいた高いコロニー数とウイルスの鑑別検出
  • すぐに使えるフィルター、ディスポーザブル、培地プレート
  • 高速の試験方法に理想的なゼラチンフィルターの溶解度
  • ぐに使えるフィルター、ディスポーザブル、培地プレート

環境保護でも労働安全衛生の分野でも、コロニー数が高い場合やウイルスが多い場合には、ゼラチンメンブレンろ過が最適な方法です。


MD8 エアサンプラー

MD8エアサンプラー、MD8エアポー、ポータブルエアポートMD8は、空気中の最小のウイルスや微生物を検出するように設計されています。

詳細を見る

Bactair:大きなインパクトを与える

これらのプレフィルド、滅菌パッケージ、すぐに接続できる寒天プレートにより、培地に直接衝突させることができます。

詳細を見る

独自のゼラチンメンブレンフィルター

最大8時間ノンストップで連続的に寒天を使用したエアモニタリングを行い、二次汚染のリスクを最小化します。

詳細を見る